2014年05月01日

2014年日本寄せ場学会総会

2014年日本寄せ場学会総会
社会的排除と抵抗のかたち

(どなたでも参加できます。事前申し込み不要ですので、会場に直接お越しください)
日時:2014年5月31日(土)13:00 - 18:00
開催場所:龍谷大学深草キャンパス 21号館101号教室
終了しました

〈プログラム〉
■司会から趣旨説明など
■橋口昌治(立命館大学生存学研究センター専門研究員)
 社会的排除と個人加盟ユニオン─労働/就労とどう向き合うか
■文貞實(東洋大学社会学部教授)
 ローカルな労働運動の「たたかいかた」-個人的な経験からユニオン運動へ-
■渡邊太(大阪国際大学講師)
 場所の運動-カフェの実験から考える-
■稲葉奈々子(茨城大学人文学部教員)
 社会的排除と抵抗の<技法>
■コメント・討論
* * *

■総会基調 稲葉奈々子(茨城大学人文学部教員)
社会的排除と抵抗のかたち
人間を使い捨てにする労働のメカニズムを歴史的、社会的に解明することは、寄せ場学会が創立以来取り組んで来た問題のひとつである。そこで働く者の抵抗のあり方は、当該社会の時代によって、さらには政策や労働市場によって異なる形をとってきた。それでは今日のように新自由主義的な論理が貫徹した社会においては、抵抗はどのような形で立ち現れてくるのか。これが、今年の総会を貫くテーマである。
バブル経済崩壊以降の日本では、派遣労働や外国人の研修生や技能実習生枠の拡大などによって、不安定就労の割合が大きくなっていった。建設の日雇い労働者のように底辺労働に従事する者や、女性、外国人労働者は、もとから不安定就労に就いていたわけだが、それがミドルクラスの正規雇用の男性にも及んできたのが1990年代以降のことである。不安定就労ゆえの貧困問題は、まず西ヨーロッパで顕在化し、「社会的排除」として、たんに経済的意味での貧困ではなく、個人の尊厳や人格までを否定するような新自由主義的な論理によって、自己の存在の「無意味さ」で個人を圧倒するような状態として把握されてきた。
このように「社会的排除」の問題は日本だけではなく、欧米にもみられる。そして社会的排除に抗する社会運動の研究も欧米の層は厚い。そこで日本について翻ってみるならば、研究においても運動の現場においても、さらには政策においても、日本では社会的排除を経験する個人のアイデンティティの問題により焦点があてられている。社会的排除は、不安定就労ゆえの困窮によって、社会との絆を断ち切られた個人の状況を把握するための概念である。したがって、その個人がふたたび社会との絆を結び直していく過程に関心が注がれるのは不思議ではない。それにしても、欧米の研究では、社会的排除に抗する社会運動が、当事者によって担われるまでの過程については、ほとんど論じられていない。雇用や社会保障の改善といった直接的な成果を獲得する過程が議論の中心である。
著者はフランスの失業者の社会運動を調査してきたが、決してフランスの失業者がはじめから主体的な行為者だったわけではない。フランスにおいても運動の担い手になる過程は、自己の尊厳を取り戻す過程でもあった。しかし、運動の現場や研究でこの点を重視するものは皆無といってよい。ところが日本では、社会運動にとっては間接的な成果である、個人の尊厳の回復の過程が重要な課題となっている。この差を生み出すものは何なのか。東京のある労働組合の活動家は、かつては労働者の「良質な部分」が運動の担い手であったが、リーマンショック以降、労働によって「壊されてしまった」労働者が増えてきたと語っていた。日本においては、個人が労働によってボロボロにされる度合いが、欧米とは比較にならないほど大きいのではないか。
この問いの答えは、実際の現場でどのような抵抗が立ち現れているかによって知ることができるのではないか。これが総会のテーマを構想した経緯である。


■橋口昌治(立命館大学生存学研究センター専門研究員)
 社会的排除と個人加盟ユニオン─労働/就労とどう向き合うか
社会的排除は、経済的な豊かさを実現した社会においても残る貧困を発見するために考え出された概念であり、貧困からの脱却を労働市場への参入のみに限定しないという特徴があった。しかし具体的な対策が整備されていく過程で、労働市場への参入が重要な基準として考えられるようになった。2000年以降、経済的格差や貧困が社会問題となるなか、「社会的排除/包摂」概念が日本においても普及していったが、日本はヨーロッパよりも生活保障制度が脆弱かつ就労への圧力が強く、社会的排除概念の抱える矛盾はより強く現れると考えられる。本報告は、このような矛盾を、個人加盟ユニオンの実践に関する観察を通じて論じたい。

■文貞實(東洋大学社会学部教授)
 ローカルな労働運動の「たたかいかた」-個人的な経験からユニオン運動へ-
本報告では、「普通の人々はどのようなときに、自らの権利を主張するために身命を賭して、街頭へと繰り出すのだろうか」(Tarrow,Sidney G=大畑裕嗣『社会運動の力』2006:131)という社会運動に関する最初の問いに対して、ローカルな労働運動の「現場」から答え探したいと思う。具体的には、90年代不況以降、日本の労働市場の二極化が進むなかで、従来、雇用問題は社会的に不利な状況に置かれている人々に押し付けられた「個人的な問題」としてとらえてきた。しかし近年、この「個人的な問題(失業、女性労働、移住労働、労災、ハラスメントなど)」をきっかけにローカルなユニオン運動にかかわっていく人々が少なくない。さらに、ユニオン運動に参加し、ユニオンの「たたかいかた」を身につけることで、ユニオンを単なるとどまる場所(居場所)から、社会につながる場所へ、生存の拠点へ、また新たな運動の通過点にしている。本報告では、ローカルな労働運動の「たたかいかた」の事例をとおして今日のローカルなユニオン運動の社会運動としての展開について検討するものである。

■渡邊太(大阪国際大学講師)
 場所の運動-カフェの実験から考える-
 2005年春から2006年暮れまで、大阪駅・旧国鉄貨物場跡ちかくで自宅カフェを運営していた。その後、公園での青空喫茶や河川敷での野外音楽祭を試みた。2009年から大阪・高槻市のカフェコモンズで「コモンズ大学」と称して毎週金曜日にビールを飲みながら雑談する集まりをつづけている。いずれもごく小さな集まりであり、劇的なことや画期的なことは何もなく、成りゆきでいまに至っている。
 その成りゆきのなかで、ひとが集まる場所に対する関心が強くなった。すでに1980年代に粉川哲夫は「イデオロギーからスペースへ」という標語でアウトノミア以降の運動を特徴づけている。イデオロギーの一致を要求する党(パーティー)ではなく、ひとびとが集まり飲食を共にするパーティーにもとづく共同性や集団性。具体的な場所でのひととひととのやりとりのうちに、運動の可能性が見出される。
 この報告では、わたしがかかわってきた場所や、ここ数年の間に訪ね歩いた場所について議論したい。

■稲葉奈々子(茨城大学人文学部教員)
 社会的排除と抵抗の〈技法〉

1990年代の西欧で使われるようになった「社会的排除」は、経済的な貧困では説明できない現象を把握するために用いられる概念である。市場経済至上主義の指標で「無用」とみなされた個人を、自己の存在の無意味さで圧倒する。このような尊厳の否定も経験させる社会的排除は新自由主義が生み出した貧困といえる。歴史上、貧困は社会運動を生起させるストレインであった。本報告では社会的排除に対応して生起する社会運動について考察する。新自由主義はすべてを市場の論理で覆い尽くす。言い換えるならば「社会」が「市場」に覆われていくプロセスである。このプロセスに抗する社会運動は、「社会を取り戻す」運動として現れる。欧米ではリクレイム・ザ・ストリーツなど公共空間を取り戻す運動が活性化した。日本では市場経済至上主義によって人格を否定された個人の尊厳回復のプロセスを重視する運動が現れた。これは欧米にはない特徴であり、日本の社会的排除が個人の尊厳を否定する度合いがより強烈なものとして経験されているがゆえと考えられる。本報告では、先行研究をレビューするとともに日本の反貧困運動を事例として、この問題を考察していきたい。

 * * * 


※総会の翌日6月1日(日)に龍谷大学深草キャンパスの3号館101教室で13時より日本寄せ場学会年報『寄せ場』26号(最新号)の合評会が開かれます。同年報に掲載されている次の論文が批評の対象となります。興味・関心のある方はふるってご参加ください
・なすび「除染労働における重層下層構造と搾取の実態」
・山口恵子「現代における流動する若年派遣労働者の労働・生活」
・山口覚「集団就職と韓国人研修生」
・イム・ドクヨン「一九六〇年代の韓国における『浮浪者』に対する政策と社会的まなざし」
・松沢哲成「敗戦前後における日本社会の変容と持続」
posted by yosebagakkai at 09:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

日本寄せ場学会年報『寄せ場』第26号を発行しました

日本寄せ場学会年報『寄せ場』第26号(2013年12月15日発行)
26frontsmall.jpg
目次
巻頭言「「寄せ場」のもつ良い面をもっと強調したい」水野阿修羅
フォト「東京・堅川河川敷公園から」向井宏一郎

特集:「流動する下層労働者」再考
「流動と貧困 「流動する下層労働者」再考」西澤晃彦
「除染労働における重層下請構造と搾取の実態 いくつかの労働相談・争議事例の報告」なすび
「現代における流動する若年派遣労働者の労働・生活」山口恵子
「集団就職と韓国人研修生 高度経済成長期における「開国」」山口覚
〔編集の過程で付図等に誤りが生じてしまいました。
 執筆者山口覚氏及び読者には大変失礼をいたしました。
 お詫びして、訂正します。正誤表はこちらです〕
「一九六〇年代の韓国における「浮浪者」に対する政策と社会的まなざし 「国土建設団」を事例として」イム・ドクヨン(林徳栄)
「敗戦前後における日本社会の変容と持続」松沢哲成

時論
「未来から吹く風 台東区隅田公園山谷堀広場顛末記」濱村篤
「オーストリア・ロマの文化活動 文学・詩作・絵画・映像を中心に」金子マーティン

ヨセバ・クリティーク
「土木建設業の〈熟練技〉って何だろう? 建築知識編集部『建設業者』を読む」松沢哲成
「闘いとしての研究活動の原点 上畑恵宣『失業と貧困の原点 釡ヶ崎五〇年からみえるもの』を読む」原口剛
「遠くで生きるロマたちを近い現実とするために
 ミショ・ニコリッチ著/金子マーティン訳『あるロマ家族の遍歴 生まれながらのさすらい人』を読む」池田浩士
「「消されゆく大阪」を旅して 趙博『パギやんの大阪案内ぐるっと一周[環状線]の旅』を読む」金子マーティン
「石炭の物語を広く深く掘る記念碑的な労作 池田浩士『石炭の文学史』を読む」中西昭雄
「怒りのロックが、いのちを歌う詩が、グローバルに響き渡る 竹内光浩編『反原発の詩』を読む」松沢哲成

学会日録

ISBN:978-4-8462-0408-2
hontoから購入
amazonから購入

Yoseba Annual #26 (2013) Contents and abstracts
Special feature : Mobile proletarian workers reconsidered

NISHIZAWA Akihiko, ‘Mobility and Poverty:Mobile proletarian workers reconsidered’

The process of deregulation over the last quarter of a century has seen a rapid, policy-driven increase in the number of irregularly employed workers. That process has seen a succession of new categories added to the existing domain of ‘the poor.’ Foreign migrant workers were an early case. Then going into the 1990s, the poor were put to work across every industrial sector under a succession of revisions to the labor dispatch law. They included young workers, released into the ranks of the proletariat due to the breakdown of the family’s role as socioeconomic sanctuary. In the end, the social space prepared for these newcomers was similar to, or contiguous with, the ‘outsider’ status of the traditional proletariat. Nor was that the only similarity. The great folklorist Yanagita Kunio observed nearly a hundred years ago that poverty in modern times is characterized by economic want and social isolation. Those words ring truer that ever today as we survey the new poverty classes in contemporary Japan.


NASUBI, ‘The truth about complex sub-contracting systems and exploitation in radiation decontamination labour: some case studies of labour consultations and struggles’

Starting last year, the Network to Consider Radiation Exposure Labor got together with labour unions in the Fukushima area to commence full-scale support for workers exposed to radiation in the workplace. Our consultations with decontamination workers, and campaigns in their support, have revealed a wide variety of abuses: siphoning off of wages, fake sub-contracting contracts, illegal use of dispatch agency labour, forged contracts, forged wage records, inappropriate dismissal and so on. Workplaces free of abuse are the exception, and it has become abundantly clear that decontamination workers face appalling conditions. The state and local authorities are the customers placing orders for decontamination, but the work itself has been entrusted lock, stock and barrel to the construction and civil engineering industry, headed by the giant general contractors. They in turn have applied the system of farming out work through long chains of sub-contractors and sub-sub-contractors, with all the attendant problems of collusive public-private profiteering and domination of labour for which this industry is notorious. In this paper I will introduce some of the cases we have been involved with, which show all too clearly the grim reality of vicious exploitation of "disposable labour" in the decontamination projects. This struggle has important new implications for the parallel struggle of workers in nuclear power plants, as well continuing the age-old battle – one that we in the day labour movement have fought for so long without success – to reform Japan’s fundamentally exploitative employment structure.


YAMAGUCHI Keiko, ‘The work and life of young temporary dispatch workers in the present age’

With the advance of flexible working practices, one third of all young people in Japan find themselves engaged in irregular labour. Amid the great structural changes affecting employment practices in Japan as a whole, what is the meaning of the shift in labour power from the provinces to the big city? In this paper, I analyse the case of young people from Aomori who have had the experience of working outside the prefecture, in an attempt to clarify the nature of labor migration in the present age and investigate the special features of mobile labour and the role of local connections as resources. My research entailed in-depth interviews with four men from Aomori, in their late twenties, who had experienced working for personnel dispatch agencies outside the prefecture. Their working arrangements and lifestyles were extremely mobile and increasingly unstable. Local connections proved to play a major role. The result is the creation of a local labor pool in the context of structural regional imbalances, and the reproduction of marginal regions as disposable labour pools.


YAMAGUCHI Satoshi, ‘Group labour recruitment and Korean apprentices :the ‘‘Opening of Japan’’ during the high economic growth period’

The expression ‘group labour recruitment’ (shūdan shūshoku) refers to the systematic deployment to workplaces around the country of young people newly graduated from junior high school. It is usually discussed chronologically in terms of the high growth period (especially the Shōwa 30s, or 1955-1965) and spatially in terms of the domestic Japanese labour market. In the decade that followed, the number of junior high school graduates available to do manual labour gradually declined, as more young people stayed in education to senior high school level. This resulted in a shortage of low-wage unskilled labour, and official and unofficial attempts to recruit such labour from abroad. In 1957 group recruitment from Okinawa (then still under US occupation) began. From the late 1960s, young workers started to be brought in from South Korea under a government-run apprentice system, although the numbers were small. These apprentices may be seen as the missing link between the domestic group labour recruitment of the 1950s and 1960s, and the opening of Japan to international migrant labour starting in the 1990s. This paper analyses the increasing difficulties in domestic group recruitment and the inauguration of the South Korean apprentice system.


LIM Deok Young, ‘Public policy and social attitudes towards vagrants in South Korea during the 1960s: the case of the National Land Construction Corps’

This paper seeks to analyze public policy and social attitudes towards vagrants in South Korea during the 1960s, using the short history of the National Land Construction Corps (국토건설단(kuktogeonseoldan)) as a case in point. The paper is based on published research and mass media reports of the time. Among the features of the NLCC, it was the Republic of Korea’s first attempt at planned economic development; and it entailed forcibly mobilizing ‘vagrants’ as part of the labor force. When the military junta emerged from the social unrest caused by the Korean War, poverty and political strife, it viewed ‘vagrants’ (Js. Furōsha; Kn. 부랑자(burangja)) as one of the causes of the trouble. By pressing them into the labour force, it sought to control social unrest and also promote economic growth. The media initially supported these moves, but switched to opposition once the NLCC’s remit was expanded beyond ‘vagrants’ to embrace the whole of society. The junta’s authority still rested on shaky foundations, and it was forced to abandon the project after just one year. Nonetheless, it was significant as the first attempt to impose military-style control on ‘vagrants’, which until then had not been drafted into the capitalist system. In the following years forced labour by ‘vagrants’ would be an important element in the rapid development of South Korean capitalism.


MATSUZAWA Tessei, ‘Change and continuity in Japanese society immediately before and after defeat in World War Two’

Seeking the roots of the mass consciousness of contemporary Japan, this paper looks at the crucial historical period around the end of World War Two, first through a study of novelist Fukazawa Shichiro (1914-1987); novelist Nosaka Akiyuki (1930-); and yakuza boss Ozu Kinosuke, and tries to establish a very rough typology based on these elements and a fourth type derived from a combination of the three. I further look at the workers who were mobilized to tackle the severe post-war coal shortage, comparing those (often called homeless or vagrants) living in the station buildings at Ueno etc., in air-raid shelters, and in cheap boarding houses, with the permanently employed steel workers temporarily sent to work in the coal fields to help supply the steel industry’s massive need for coal. The latter resemble the second of my types, showing the same kind of loyalty to the state associated with zero pilots, while the former showed more of the philosophical detachment one associates with Fukazawa. But they were all pressed into service, and the former type also learned to behave as if they shared the intense loyalty of the latter – albeit with the occasional outburst of violence in the form of riots, which would briefly expose the charade.


Frontline Reports

Martin KANEKO, ‘Cultural activities by the Roma in Austria: focusing on literature, poetry, art and film’

There are quite a few Roma authors, lyricists (poets?), artists and film directors dotted around the world. In 2002, some of them came together to form the International Romani Writers Association. This paper introduces the work of ten Austrian-Romani writers and artists, including memoirs and collections of artworks by four Roma who managed to survive the Nazi concentration camps; memoirs of children and grandchildren born after the War to parents who suffered Nazi persecution; a novel written by a man whose son was killed in the 2005 terrorist bombing of a Roma settlement (in Austria?); memoirs and poetry by two Roma born in Serbia but now assimilated into Austrian society; and visual images created by a Romani film director of post-war birth whose grandmother was killed by the Nazis and who spent his childhood being passed around among various foster-parents and orphanages.


HAMAMURA Atsushi, ‘The Wind that Blows from the Future’

On the Sumida River in Tokyo, not far from the famous day-labouring district of San'ya, is the San’yabori square, a symbolic site where past, present and future mingle together. From January to March 2013, Yasen’notsuki Haibizi conducted a series of negotiations with the Parks Department of Taito ward office, the authority in charge of the square, in an attempt to get permission for her tent theatre performance “Monuke Tendenko” to perform there. The negative outcome of the negotiations shows that although officially the park is supposed to be a public space, in fact the local bureaucracy has been preserving it solely for the use of vested interests, just as has always been the case. The roots of Japanese exclusionism can clearly be seen in this mundane yet important issue of who gets to use a public square. If the closed nature of society is ever to be reformed, it has to start from the everyday, by opening up this square to truly public use.
posted by yosebagakkai at 12:10| 日記 | 更新情報をチェックする