2016年07月03日

2016年日本寄せ場学会総会・シンポジウム

2016年 日本寄せ場学会総会・シンポジウム
寄せ場と壁/国境線
「寄せ場」から「寄り場」へ


2016年7月23日(土) 12:00-18:00
山谷労働者福祉会館2階ホール
(13時からのシンポジウムは会員以外の方でも参加できます。参加費無料・事前申し込み不要ですので、会場に直接お越しください)

〈プログラム〉
12:00 - 13:00 総会(会議)
13:00 - 18:00 シンポジウム
■基調 濱村 篤(日本寄せ場学会運営委員長)
■藤田進(中東問題研究家(パレスチナ現代史))
「イスラエル占領下隔離壁に囲まれたパレスチナ人ゲットーにおける集団抵抗闘争の現在
 ―最近のエルサレム訪問にもとづく一報告―」
■平野良子(在日アジア労働者と共に闘う会)
「建設労働と外国人技能実習生」
■渡辺拓也(大阪市立大学都市文化研究センター研究員)
「大阪都市圏の飯場の現在
 インターネット求人情報をもとに」

〈総会基調〉
寄せ場と壁/国境線  「寄せ場」から「寄り場」へ

 最近のヨーロッパにおける難民の報道に接するにつけ、流動する下層労働者を含め渡り歩く人間にとって国境線や国籍とはいったい何なのか、また、安住の地とは何なのか改めて思わざるを得ません。ヨーロッパ各国が押し寄せる難民によりシェンゲン協定の維持(つまり、国のあり方の基本)が困難となる事態や、バルカンルートに該当する国々がフェンスを張り巡らすなどして国境線を事実上封鎖した事態は印象的でした。

 戦後の農漁村の解体やエネルギー転換による炭鉱の閉山が寄せ場形成の大きな要因であるとすると、寄せ場の問題を純粋に国内問題であると考えることもできますが、実際には、寄せ場の運動が華青闘の闘いに触発を受けたり、釜ヶ崎から「反入管通信」なる通信が出されたり、あるいは、寄せ場の運動の中で「国際主義」が提起されるなど、囲い込まれた寄せ場空間を乗り越えようとする試みがこれまでに繰り返しおこなわれてきました。これは重要な事実だと思われますし、今日の文脈の中に再度置き換えて検討する必要があると考えられます。

 現在の寄せ場の運動に関連させて言うと、近年、竪川、明治公園と相次いで大きな鋼板でできた巨大な壁が建設されており、野宿者を排除する手段として目に見える物理的な壁を臆面もなく建設するのが現在の趨勢であることが理解できます。「寄せ場」という言葉には、元来、人を寄せ集めて、囲いの中に囲い込むというネガティブで受動的なニュアンスも込められていますが、寄せ場を囲い込んでいるのは目に見える物理的な壁に限りません。入管制度のような目に見えない壁によってもそのぐるりを取り囲まれていると考えています。それどころか、寄せ場労働者当事者の間にも職人層と土方と仕事に就かない層/就けない層との間にも目に見えない壁があります。現在、各寄せ場などで実践されている炊き出し/共同炊事の試みは、このような目に見えない壁を克服する試みであると言えるでしょう。

 2016年度日本寄せ場学会総会では、寄せ場と壁あるいは国境線をテーマとして取り上げ、このテーマについての現状認識をおこないますが、現状認識にとどまることなく、受動的なニュアンスもある「寄せ場」から、そこに人が主体的に集う、自律的な空間「寄り場」への転換の契機についても議論することができればと願っております。
===
★会場へのアクセス
山谷労働者福祉会館(東京都台東区日本堤 1-25-11)
JR常磐線・地下鉄日比谷線・つくばエクスプレス 「南千住」駅 下車徒歩10分
・日比谷線南千住駅南口改札前の跨線橋を渡り吉野通りを直進
・泪橋(なみだばし)交差点を越える
・浅草警察署山谷派出所前を右折・いろは通り商店街入り口右手の建物が山谷労働者福祉会館
※エアコンはありませんので、各自で暑さ対策をお願いします
posted by yosebagakkai at 09:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください