2015年08月03日

日本寄せ場学会年報『寄せ場』第27号を発行しました

日本寄せ場学会年報『寄せ場』第27号(2015年7月25日発行)

前号から1年半ほど間が空きましたが、第27号が発行されました。

27small.jpg

目次
巻頭言「横糸と縦糸からこぼれ落ちるもの」濱村 篤
フォト[撮られたら撮り返せ・釜ヶ崎の監視カメラ」水野阿修羅・綱島洋之

[特集1]社会的排除 と抵抗のかたち
「共同の空間とコミュニケーション 『ひきこもり』『ニート』の周辺から」渡邊 太
「ローカルな労働運動の『たたかいかた』 個人加盟のユニオン運動を事例に」文 貞實
「東京オリンピックと都営霞が丘アパート」稲葉奈々子

[特集2]戦後の下層労働者
「戦後の下層労働民の系譜 資本主義の獰猛化が下層民を増幅してきた」ディスカッション・鎌田慧さんを囲んで
「首都圏の寄せ場 歴史的変遷の概要」松沢哲成
「『決起四〇年記念』船本洲治 釜共闘・現闘委時代の実践と思想」風間竜次

[時論]
「〈自由・平等・友愛〉の理念を葬り去ったフランスと反ジプシー主義がよみがえる欧米諸国」金子マーティン

[現場から]
「渋谷の路上から空間を問う」室田大樹
「山谷のたたかいは続いている」向井宏一郎
「映画『月夜釜合戦』を撮り終えて 監督と演者に釜ヶ崎を撮るとは、どういうことかを聞く」

[ヨセバ・クリティーク]
「〈2011・3・14〉は決定的な亀裂と深淵を生んだ! 小倉志郎『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』、鈴木智彦『ヤクザと原発』、山田真『水俣から福島へ─公害の経験を共有する』を読む」松沢哲成
「自衛隊が国外で参戦するまで日本の大衆は右派政権に従順でありつづけるのだろうか 八木晃介『右傾化する民意と情報操作』を読む」金子マーティン
「当事者が自ら社会問題を問う試み 『フリーターズフリー』一~三号を読む」妻木進吾
「去りゆく相手に ジャ、デヴレッサ(神のご加護を) ロナルド・リー著/金子マーティン訳
 『ロマ 生きている炎─少数民族の暮らしと言語』を読む」濱村 篤

[自著自注]
「寄せ場学にとって ジェントリフィケーション概念はなにを意味するのか ニール・スミス著『ジェントリフィケーションと報復都市』訳者による解説」原口 剛
長井公彦さんを悼む
学会日録

[復刻資料]
「寄せ場の歴史から未来を見通す」(寄せ場労働運動のリーダー、山岡強一、風間竜次、宗村義隆による連続講演・1984年12月7日「三多摩・山谷(ヤマ)の会」発行)

ISBN:978-4-8462-0416-7
本体価格2800円+税
書店で在庫切れの際は事務局(yosebagakkai@yahoo.co.jp)までお問い合わせください(学会に在庫がある場合もあります)。
posted by yosebagakkai at 11:57| 日記 | 更新情報をチェックする