2017年07月29日

日本寄せ場学会2017年度総会・合同書評会

日本寄せ場学会2017年度総会・合同書評会

寄せ場は終わるのか?
『叫びの都市』『貧困と地域』『飯場へ』合同書評会

2017年8月28日(月)
■合同書評会 14:00〜17:30(13:30開場)
於 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ
 (大阪市北区鶴野町1-9梅田ゲートタワー8階
 ここ1年のあいだに、原口剛『叫びの都市』(洛北出版)、白波瀬達也『貧困と地域』(中公新書)、渡辺拓也『飯場へ』(洛北出版)と、釜ヶ崎に関連する著作が次々と刊行されました。本研究会では、これらの著作をもとに議論することで、「いま、寄せ場学になにが問われているのか」「新しい寄せ場学をいかに展望しうるのか」などの論点を深めていきます。

14:00~14:05 開会あいさつ(濱村篤)
14:05~14:20 「三著書が刊行された意味――寄せ場の学説史の視点から」(西澤晃彦)
第Ⅰ部 14:20~15:35
 「いま、なにが問われているのか――『叫びの都市』と『貧困と地域』」
 評者:結城翼
第Ⅱ部 16:00~17:15
 「新しい寄せ場を展望するために――『飯場へ』」
 評者:北川由紀彦
17:15~17:30 全体コメント「議論の振り返りとこれからの課題」(小柳伸顕)

■総会 17:30〜18:00
(合同書評会は,日本寄せ場学会と神戸大学人文学研究科・原口剛「都市下層労働者のモビリティと対抗運動の動態:場所概念の新たな可能性」(研究課題番号16K16955)との共催です。(協力:大阪市立大学都市研究プラザ))
問い合わせ先:日本寄せ場学会事務局(yosebagakkai@yahoo.co.jp)
2017/8/26追記:合同書評会は会員以外の方でも参加可能です。事前申し込みも必要ありませんので,会場まで直接お越しください。
posted by yosebagakkai at 11:24| 日記 | 更新情報をチェックする